LINE登録で200円💰クーポンプレゼント>>

お酒が太る理由って何?アルコールが原因で太るメカニズムとダイエット中の対策方法を徹底解説!

こんにちは、ミウラタクヤ商店です。

「ダイエット中にお酒を飲むと太る」という話を聞いたことありますか?

お酒に含まれるアルコールは、過剰に摂取することで脂肪の分解を阻害し、太りやすく、痩せにくい体質を作ってしまいます。

しかし、飲み方や食事を工夫すれば、お酒を辞めずにダイエットすることもできます。

今回はお酒が太る理由やメカニズムを見ながら、ダイエット中のアルコールとの上手な付き合い方をわかりやすく解説していきます。

 

アルコールが太る理由①糖質や脂質が消化されにくい

酒に含まれるアルコールは、糖質や脂質と同じく、体を動かすエネルギーになります。

アルコールは、体の中で最優先でエネルギーになるため、アルコールが体内にある間は、糖質や脂質がエネルギーとして消化されにくくなってしまいます。

体内に残った糖質や脂質は、脂肪として体に蓄積されてしまうため、お酒を飲むと痩せにくい体質を作ってしまいがちです。

 

アルコールが太る理由②筋肉が減りやすい

アルコールに含まれるコンチゾールは、筋肉を分解する作用があると言われ、お酒を飲みすぎると体の筋肉量が減ってしまうリスクがあります。

また、過剰に摂取したアルコールは、筋肉の成長を促すテストステロンを抑制してしまうため、日常生活や運動をしても筋肉が付きにくい体になりやすいです。

筋肉が減った体は、内臓脂肪の割合が増え、結果的に太る原因になってしまいます。

 

アルコールが太る理由③過食しやすい

お酒を飲むとダイエット中でも食べ過ぎてしまうことには、科学的なメカニズムがあります。

アルコールは、満腹感を感じる満腹中枢を麻痺させ、普段の食事に比べると食べる量が増えてしまいがちです。

食べる量が増えれば、体の摂取カロリーも増えてしまうため、アルコールが直接的な原因にならなくても、太る原因を作ってしまいます。

 

アルコールが太る理由④低血糖になりやすい

お酒を飲んだ後についつい締めの麺やご飯を食べたくなることにも、科学的なメカニズムがあります。

体はアルコールを最優先に消化するために、血液の中にある糖分を消費しやすくなります。

糖分が少なくなった血液は、血糖値が下がり、脳が不足している糖を求めるために空腹だと勘違いしてしまうのです。

血糖値が下がり、欲求の求めるままに締めの食事をすれば、1日の摂取カロリーが増え、必然的に太りやすくなってしまいます。

 

ダイエット中も太りにくいお酒の飲み方①飲む量をセーブする

アルコールに含まれるコンチゾールは、少量であれば、体の筋肉に影響を与えにくいという研究結果があります。

また、筋肉の成長を促すテストステロンを抑制する効果も、適度な量のアルコールであれば、影響が少ないと言われています。

お酒は飲むだけで、ダイエットを妨げるデメリットになりますが、飲む量を守れば、そのデメリットも最小限に抑えることができるでしょう。

飲む量はビールを目安にするとロング缶1本程度が理想で、お酒の種類を選ばない方は糖質の少ないハイボール、焼酎、ワインがおすすめです。

 

ダイエット中も太りにくいお酒の飲み方②低糖質・低脂質なおつまみ

ダイエット中にお酒を飲むときは、おつまみや食事を大きく変えてみることも大切です。

糖質や脂質を多く含むおつまみを、タンパク質が中心となる食事に変えれば、過食が原因で太るリスクを軽減できます。

ダイエット中におすすめのおつまみ

・枝豆

・冷奴

・魚の刺身

・サラダチキン

・ジャガイモを除いた野菜

タンパク質を多く含んだ食材のなかには、お酒と相性の良いメニューも非常に多いので、ダイエット中にお酒を飲みたい方は意識して取り入れてみましょう。

また、締めの麺やご飯も、湯豆腐やスープなどの低糖質・低脂質なメニューに置き換えてください。

 

ダイエット中も太りにくいお酒の飲み方③継続的な運動

お酒が原因で摂取カロリーが多くなってしまうときは、消費カロリーを増やせる運動も大切です。

ダイエット中の運動は、ハードなトレーニングやランニングは必要はなく、ジョギングやウォーキングなどの適度な運動を、継続的に続けることが大切です。

適度な運動は、短期的にダイエット効果を得ることが難しいですが、長く続けることでその効果を実感できます。

お酒を飲むことが習慣になっている方は、運動を継続する習慣も身につけてみましょう。

 

お酒が太る理由を理解し、ダイエット中もアルコールと上手に付き合おう!

お酒に含まれるアルコールは、糖質や脂質の消化を妨げ、体に脂肪が残りやすくなります。

また、アルコールによって満腹中枢が麻痺し、通常の食事に比べて過食しがちになるため、1日の摂取カロリーも多くなってしまいます。

ダイエット中にお酒を飲む時は、飲みすぎに注意しながら、体に脂肪がつきにくい、低糖質・低脂質な食事やおつまみを選んでください。

また、適度な運動を継続することで、1日の消費カロリーを少しでも多くし、ダイエット中も上手にお酒と付き合っていきましょう。