LINE登録で200円💰クーポンプレゼント>>

低カロリーでもお腹いっぱい食べると太る?低カロリーダイエットに潜む注意点をわかりやすく解説!

こんにちは、ミウラタクヤ商店です。

ダイエット中の方は「低カロリーな食事を続ければ絶対痩せる」と勘違いしていることがとても多いです!

ダイエットは、1日の摂取カロリーに対して、消費カロリーが上回ることが、成功の近道であるため、低カロリーは大切なポイントの一つです。

しかし、低カロリーを意識しすぎて極端な食生活になったり、低カロリーだからといってお腹いっぱいまで食事を食べている方は注意が必要です。

今回はダイエットのキーポイントとも言える、低カロリーに潜む落とし穴や注意点についてわかりやすく解説していきます。

 

低カロリーな食事でも太る!?

低カロリーは、ダイエット中に意識したい大切なことの一つで、1日に摂取するカロリーを抑えれれば、痩せる可能性もぐっと上がります。

しかし、低カロリーを意識するがあまり、食べる量が増えてしまったり、栄養が偏ってしまうと逆に太る原因になることも珍しくありません。

低カロリーな食事を続けているのに太ると感じる人は、自分の食生活をもう一度見直してみましょう。

 

低カロリーでも食べ過ぎは要注意

ダイエット中の食事は、低カロリーな食材であればお腹いっぱいまで食べても良いと勘違いしている人が多いです。

ダイエット向きの低カロリーな食材でも、毎食お腹いっぱいまで食べていると、1日の摂取カロリーが増え、太る原因になってしまいます。

また、お腹いっぱいまで食事をしている人は、日頃から食べ過ぎが習慣化してしまっていることが多いため、満腹まで食べる癖を直すことを心がけましょう。

ミウラタクヤ商店では、ダイエット中の食事は腹八分目までを意識することを推奨しています。

 

低カロリーは栄養不足に注意する

低カロリーな食事を意識しすぎると、脂肪の燃焼に必要な栄養素が足りなくなってしまうことがあります。

特に、体の筋肉量を増やし代謝を高める効果のあるタンパク質や、良質な脂質は、ダイエット中も積極的に摂取したい栄養素です。

低カロリーを意識するがあまり、タンパク質や良質な脂質が足りなくなると、太る原因になるだけでなく、健康面に悪影響がでることもあります。

 

低カロリーでも糖質量に注意する

低カロリーな食材の中には、脂肪を蓄積する原因になる糖質が多く含まれているものもあります。

糖質はご飯、パン、麺類などに含まれる栄養素の一つで、エネルギーとして消化されなかったものは体内に脂肪として蓄積されることになります。

加齢とともに代謝が落ちてきている人は、糖質をエネルギーとして消化しにくくなるため、ダイエット中はカロリーと同様に、糖質量を必ず意識してほしいです。

ダイエット向きのヘルシーな食材のなかには、糖質量が多いものもあるため、低カロリーを意識しているのに痩せにくいと感じる方は、食材の糖質量をチェックしてみてください。

 

食べすぎると太る低カロリーな食材①玄米

玄米は、白米に比べるとカロリーが低く、食物繊維も豊富であることからダイエット向けのヘルシーな食材として知られています。

しかし、糖質量を見ると100g中38.1gの白米に対して、玄米は35.1gと大きな差はなく、白米を抜いた代わりに、玄米をお腹いっぱいに食べていると糖質の摂り過ぎになってしまいます。

玄米に含まれる食物繊維は、お通じをよくするなどのメリットもありますが、ダイエット中に食べる食材としては注意が必要です。

 

食べすぎると太る低カロリーな食材②春雨

春雨はカロリーが低く、腹持ちも良いことからダイエット向きの食材としてコンビニなどでも人気を集めています。

春雨の糖質量は100g中20g前後なので、米やパンに比べると少ないですが、肉や豆類などの低糖質な食材に比べるとやや高めです。

また、春雨はスープや具材と一緒に食べることが多いため、お腹いっぱいまで食べていると糖質や摂取カロリーが多くなってしまうこともあります。

 

食べすぎると太る低カロリーな食材③果物

果物はカロリーが低く、食物繊維も多いため、ダイエット向けの食材と言われています。

しかし、糖質の量は決して少なくはないため、毎日お腹いっぱいに食べていると太る原因になってしまうこともあります。 

果物の栄養素は、健康にも良い食物繊維が豊富で、一概にダイエットに不向きな食材ではないのですが、ストイックに痩せたいと考えている方は食べ過ぎに注意しましょう。

 

ダイエット中は低カロリーの落とし穴に注意しよう!

低カロリーはダイエット中の食生活で意識したい大切なポイントですが、低カロリーな食材だからといって、お腹いっぱい食べてしまっている方は要注意です。

また、低カロリーを意識しすぎて、糖質を摂り過ぎたり、栄養素が偏ると、これらが原因で太りやすい体質になることもあります。

玄米・春雨・果物は、ダイエット向けのヘルシーな食材として有名ですが、糖質も多く含まれているため、食べ過ぎに注意してください。

ダイエット中は、低カロリーの甘い言葉に騙されて、極端な食生活にならないように、それぞれの食材に含まれる糖質や栄養素をしっかりとチェックしましょう。