LINE登録で200円💰クーポンプレゼント>>

ダイエットにおける『甘え』を定義する。

今日は「ダイエットしてるのにケーキ食べちゃいました、自分に甘くて情けないです(涙)」という甘えってなに?って話をします。

今日も1通のLINEが届く。

「チャコバを飲み始めてから、リバウンドし始めてます。飲むだけで痩せるとは思ってなかったけど、リバウンドするなんて、、、」

まず最初に

チャコバはスティック1本あたり

☑︎4.6kal
☑︎糖質0.88g

まず脂肪を増やす要素ない。
(アレルギーとかあれば別だけども)

僕は推測した

「この人、がんばってる風だけど、普通に色々食べてるかもしれない。よっしゃ、食事のアドバイスと励ましの言葉送ったろ!」

LINEぽちぽち〜

三浦
「連絡ありがとうございます!ちなみに食事内容ってどうされてますか?仰る通り飲むだけで痩せないので、食事も大事ですよ!食事内容教えてくれたらアドバイスします!応援してます!」

(改めて文面にすると若干ウザいねw

と返した。

しかし、

僕は、なんとなくわかっていた。

これは、

既読スルーされるパターンであることを。

この手の正論レスはスルーされることが多い。

実は、このケースは沢山起きる。

今回もそうだった。

悩み相談ではなく「自分の思ってることが正解ですよ、と同調・共感してくれるだけの人を探してて、正論求めてないパターン」

LINEでの会話はセンシティブだ。

感情が伝わらない。

だから僕は「文字の雰囲気にも気を使っている」僕はプライベートでは絵文字を一切使わないが、店のアカウントでは☺️をよく使う。

そこまで気を遣って「全然大丈夫ですよ、食事内容を修正できれば痩せられるんで頑張りましょう☺️」

と伝えても「頑張りましょう」が気に食わないのか普通にシレッと既読スルーをかまされる。

LINEで連絡をもらったから、三浦は如何なる時でも、LINEを読み、理解し、時間をかけて文章を作り、相手に送る。

その時間が日本人に与えられたLINEというツールの「既読スルー」によって華麗になかったことにされる。

社会は不合理だ。

話が逸れた。

逆にこんなケースもある。

毎日、食事の写真を送ってくれる人で「この人、ちゃんと写真送ってくるし、頑張ってるなぁ」と感心してると、

「誘惑に負けてケーキを食べちゃいました」とガチで凹んだ様子でLINEを送ってくる。

LINEって面白い、感情が伝わる時もある。

本当に凹んでる様子が伝わる。

だけど、

僕的に言えば、こんなの甘えと言わない。

てか、普段節制してて1日ケーキ食ったくらいで太らない。いろいろ調べたし論文読んだりもしたけど、ケーキ1個で激太りする仕様に人間はなってない。

だから毎回伝えるのが

『そんくらい平気だから大丈夫』

そうすると「でも体重が1kg増えてるんです!!」と悲壮感あふれるレスが来る。

誤差
誤差
誤差!(ごさぁ!)

と毎回伝えて、納得してもらう。

そうすると、翌日から節制を再開してダイエット頑張る。体重減る。喜ぶ。ミンナハッピー。インディアン嘘つかない。

むしろ「これくらい食べて大丈夫なんだ」と上手く週末の楽しみを作れる人もいる。

相談くださる方はダイエットを厳しく考えがちなんだけど「食事の内容を少し変える」「継続して変える」「メリハリをつける」で十分。

もちろん「モデルみたいな体」を求めるなら、筋トレなど努力は必要だけど「ポチャったから痩せたい」くらいなら、上の3点で十分。

だからダイエッターが思ってる「甘え」は思っているほど「甘えではない」のだ。安心して欲しい。

ただ、こういうと「安心した」って言って菓子を食い始める人もいる。節子、それは違う。

気軽にやりましょ

世の中の沢山の人が「ダイエットはかくあるべき!」みたいな本出すし、小難しくしてるけど、ダイエットって難しく無い。

ちょっとした習慣で体は変えられるので気軽に「食事内容変えて」「継続して」「メリハリつける」ってのやっていきましょ。

それくらいで十分。

結論「甘え」ってニュアンスは、とても難しいんだけど、ダイエットは難しい、みたいに思い込み過ぎるフシもあるので、本当に気軽にやろう。

痩せる食事って難しくない。

ただ、方法論や結果は人により異なるので、方法論を模索したい場合は気軽にLINEください^_^

https://lin.ee/Bj36rez

ただし既読スルーだけは勘弁ください(笑)

本日は以上です!