LINE登録で200円💰クーポンプレゼント!フォローはコチラ✅✅✅

痩せる6つの習慣

今週末に七五三を迎えるため、体型調整中の三浦です。主に糖質カットとカロリー8割で、浮腫を取ろうとしてます。

最近、ダイエットのための心理学も学んでまして、生活習慣が減量に与える影響も面白いな、と思う次第です。

心理学まで学ぶとダイエットは『食生活』と『生活習慣』の総力戦になりますから、本日は『手軽にできるダイエット習慣』について書きます。

とにかく『痩せるための手数を増やす』ってことが大事なので、細かいタスクを書き出していきまーす。

1.後で食べよう戦略

意外な事実なんですけど『甘いお菓子が食べたい』ってなった時に、今食べよう、じゃなくて意識を『後で食べよう』に変えると、結果食べなくなるそうです。

これはオランダの大学の実験なんですが菓子を『食べちゃダメだ!』って思うグループより『食べてもいいけど、後でね』って思考にしたグループの方が、50%も食べる確率が減ったそうです。

確かになーと思うのが強い欲求は維持することが難しいので『後伸ばし』にすることで、結果食べなくなるって習慣はありそう。

チャコールバターコーヒーを絡ませると『あー菓子食べたいけど、後で食べよう、んでチャコールバターコーヒーでとりあえず一息つこう』ってのが、とても良い方法かもしれません。

2.スマホとかをなるべく見ない

現代人は忙しいですからランチ中でもLINEやメールが飛んできます。イチイチ見ちゃうと思うんですが、その行動が摂取するカロリーを増やす傾向があります。

理由の一つはストレス、そして満足感を生んでくれる『音』を聞き逃しているから。

3.自分の咀嚼音に耳を傾ける

これも実験の結果なんですが、自分の咀嚼音をヘッドホンで聴きながら食事した人たちは、音を聞いてなかった人より食べる量が少なかったんです。

これは食べる音が満腹感や満足感に寄与してるってことが考えられますので、痩せたい時は食事中のスマホはやめて、自分の咀嚼音に耳を傾けてみるの良いと思います。

4.利き手でない手で食べる

少し嫌な手法なんですが、利き手でない手で食事することで、ストレスを与えながら食事することで、食事量が『無意識に減る』ってやり方です。

レストランのドリンクバーを近くに置くか、遠くに置くかで消費量が変わるので、人間は軽度のストレスにも敏感で、それが食事が面倒くさくなる、だから食べる量が減るって考えです。

まあ面倒なんで、僕は家の中にある、菓子とかスナックを捨てて、スーパーまで買いに行かないと食べられないよ、って環境を作るくらいでいいかな、と思います。

5.皿を小さくする

シンプルに皿を小さくすると、食べる量が減ります。なので今使ってる皿を小さくすることで、食べる量を減らしてダイエットになる。って考えです.

6.20分を意識する

これは心理学と関係ないですが、人間は満腹感を得るまで20分かかると言われており、逆に言うと20分間食べまくっても、満腹感を感じません。

なので『すごいお腹空いた』の状態で食事を始めると沢山食べてしまいます。なので対策としては最初にサラダを食べる、か、20分を意識してゆっくり食べるです。

人間は無意識の中での習慣が減量に影響することが目に見えてるので、その無意識習慣を如何にハックするか?が減量においては大事.

今日紹介した内容は、今すぐできる簡単な習慣だと思うので、よかったら総力戦であるダイエットに是非、取り入れてみてください👍

それでは本日は以上です!!

こちらの記事もオススメ