LINE登録で200円💰クーポンプレゼント!フォローはコチラ✅✅✅

運動はスタンドアップから始めよう


先日から始めた「60秒動画」でスマホ自撮りする度に「うわ、老けたな」と思う三浦です。

▼老けた三浦の動画はこちら
https://miuratakuya.store/

世界に「おー、なに言ってんだ、この人」みたいなのはいないと思うが、最近、僕の妄想の中で生まれた人がいる。

「運動なんてちゃんとやらないと効果ないよ」
って言い続けて菓子を頬張る女子。

「痩せたい」が口癖で、痩せたくて痩せたくて震えるんだけど、ダイエット知識ばかり豊富で、実践に移せない、移さない女子。

食事制限が運動が「ダイエットの肝」であることは理解してるが、やらない。という人を妄想した。

その人の口癖はこうだ。

「有酸素運動は20分続けないと意味がない」

こんな話、聞いたことありませんか?

脂肪燃焼のスイッチは運動開始から20分後に入るから19分でランニングや有酸素運動を止めたら意味が無いと言うもの。

でも実は科学的にも「少しでも動けばエネルギー消費量は増える」ことが、わかってるので「わざわざ20分以上走る」なんてしなくても良い。

要は少しの運動も「痩せる」につながる。

ちょっとずつでも動け。だ。

NEAT(非運動性熱産生)って言うんだが、アメリカでは肥満解決の大事な施策として「小さな運動を積み重ねること」が推奨されている。

掃除、洗濯、風呂掃除、通勤。

あらゆる家事もそう。ちょっとした運動が「痩せることに影響する」って事実は「コロナ禍で太っちゃった〜」って蓄積した脂肪をコロナのせいにする人に聞けばわかる。

(三浦も2kg太った。すぐに戻したけどね)

余談だが、コロナ禍で太った、三浦の対策は至ってシンプルだ「昼飯の量を半分にした」単純に食う量を減らした。毎日。

そしたら戻った。ストレスなく。

理由は明確で「働かざるもの食うべからず」の精神と真逆で「あれ?エネルギー摂取した割に全然使ってないやん!脂肪にして貯蔵しとこ。」

という体の中の妖精が脂肪を溜めてるのだ。

僕らは無意識に食べすぎだ。

お腹空いてないのに「なんとなく」で、コロナ前と同じ昼飯量食ってないか?少しずつ減らしてみ、全然辛くないから。

動く量と食べる量

この文章で言いたいことは「食うなら少しでも動く、動かないなら少しずつ食べる量減らす」である。

小さな体の活動でもエネルギーは消費されるし、通勤みたいな少しの運動でも、やめれば太る。

なので「痩せたい」という願望があるのであれば、とにかく動けばいい。

ちなみに三浦は偶に「変な踊り」をする。そしたら3歳の娘が真似して変なことになったので、嫁に軽く怒られたことがある(すげぇ余談)

と、いうことで、この文章読み終わったら、ゴロ寝してないで、スタンドアップから始めよう。

こちらの記事もオススメ