欠品中の製品は2月1日に全て入荷予定となります。

1日眠くならない食事術

 

食事を改善するだけで1ヶ月20時間、集中できる時間を伸ばせる簡単な方法。

本日のメルマガの内容は実践してみてもらうことで

 

○仕事の能率が上がります。
○痩せる可能性が上がります。

 

✔︎ランチ後に眠くなるのを避けたい
✔︎痩せなたい
✔︎食べるダイエットで痩せたい

 

こんな人たちにおすすめです。

<結論を伝える>

1. 昼ごはんに主食は食べない
2. 朝プロテインはとても良い
3. 短期で痩せたい場合はケトがいい

 

人間が眠くなる理由は血糖値の乱高下。血糖値スパイクが起きることで、低血糖状態になり、脳から睡眠の指令が出ます。そのため眠くなります。

人間は血糖値が上がると「インスリン」というホルモンが血糖値を下げるように分泌されます。

ただ血糖値が上がるスピードが速いほど、インスリンの分泌も多くなり、急降下して血糖値スパイクがあ発生。

眠くなりたくないなら
この食事は絶対NG

- 主食+主食
- 早食い
- 主食から食べる

これやると高確率で眠くなります。

だから

- 主食を抜く
- 主食を減らす
- 主食以外から食べる

ことが大事です。

朝イチプロテインは
凄く良い理由

セカンドミール効果という言葉を知っていますか?一食めの食事が二食目の血糖値への与える影響。要は朝に特定の食材を食べておくと、昼飯ときに眠くなりづらい。

プロテインのメリットは

- 効率的な栄養吸収ができる
- 満腹ホルモン分泌の原料
- セカンドミール効果

諸説ありますが、トレーニーとかでなければ、朝プロテインの置き換えは「集中力向上」「ダイエット」に置いても、とても効果的です。

糖質制限が痩せる理由

  • その①インスリンは肥満ホルモンといわれてます。理由は「栄養を脂肪細胞に取り込む習性がある」からです。要はインスリンが体内に分泌されている状態は、脂肪が蓄積しやすい。

だから血糖値を抑えることで、インスリンの分泌を穏やかにして、脂肪蓄積の可能性を下げられる。

  • その②糖質制限をすると、体脂肪を原料として人間のエネルギーを生み出します。要は体脂肪を削って人間のエネルギー

人間のエネルギは消費の優先順位があり、糖質>脂質です。糖質がなくなってから、体脂肪は減っていくといわれています。

そのため糖質制限は短期的に痩せやすいダイエット方法です。

僕のおすすめは
ケトジェニック

僕自身4年前に10キロ痩せましたが、その時はケトジェニックダイエットという1日の摂取糖質量を30gに抑えるというダイエットで痩せました。

1ヶ月で4キロ、3ヶ月で7キロ、1年で10キロ。徐々に食事を緩めながら一年間で痩せました。

こんな感覚ないですか?

- 常に口寂しい
- 甘いものが絶対にやめられない
- お腹が空いておやつが欠かせない

これ糖質依存の可能性あります(まじ)

だから一回糖質を減らす努力をした方が良いです。

そんな具体的な方法論をまとめました。

「糖質デトックス」
主婦の友社から出版(笑)

  • 食事の改善で仕事の効率上げたい人
  • 食生活を改善したい人
  • 痩せたい人

ぜひ、予約ください。

Amazon予約はこちら>>

今までの食生活を否定はしません。しかし、食生活を変えることで人生のクオリティは上がります。

食習慣をちょっと見直してみることに興味がある人はぜひ、ご一読ください!

食生活に関して、なにか疑問・相談あればミウラタクヤ商店のLINEで気軽に相談ください!>>LINEはこちら