AM10時迄の注文は当日発送(土曜含む)⛩

【注意】ケトジェニックと糖質制限は別物です。

糖質制限とケトジェニック、よく混同されるので、その違いについて説明します。

結論「言葉づけと定義の違い」なので、意味はほぼ同じです。痩せるメカニズムと考え方は同じです。

ケトと糖質制限の
たった一つの違い

唯一の違いはケトは糖質を1日30g以内に収める、ってこと。

糖質制限のルールって実は曖昧で

・ストイックな糖質制限(断糖)
・そこそこの糖質制限(主食抜く)
・ゆるい糖質制限(1日主食を1食)

みたいに糖質制限って言葉の定義が広すぎるので、わかりづらい。これが糖質制限という言葉の意味。

しかしケトジェニックは

PFC=20:70:10バランス

ってルールがあるので、言葉を変えるなら「かなりストイックな糖質制限」の部類に言い換えられます。

糖質制限は手法
ケトは結果です

そもそもケトジェニックは「ケトン体が体内に増えた状態」の意味なので、

・しっかり糖質制限した
・しっかり脂質摂取した

結果「ケトジェニックになった」が正しい意味合いなので、糖質制限をしないとケトジェニックにはならない。

言葉と定義の違いです

言葉の意味合いとしては「ストイックな糖質制限をした結果」「ケトジェニックになる」なので、糖質制限とケトジェニックは似たようで似てない。

糖質制限という言葉の中に、ケトジェニックという「結果」が含まれてる、と考えてもらえれば良いかと。

ゆるいケトは存在しない
それはゆるい糖質制限

なので「ゆるめのケト」って存在しておらず(よく会話の流れで言っちゃうけど)ゆるめのケト、そレは「糖質制限をしてる」ってことです。

ケトのPFCバランスを守れない場合は、糖質制限になる、っていうややこしい話ですね。

糖質減らして
痩せようぜってこと

まあ、でもどっちもニュアンスとしては「食べてる糖質を制限する」ってことに間違いはなく「糖質食べる量を減らして痩せようぜ」ってことになります。

思うこととしてはストイックな糖質制限はやるやらないにして、現代人は普通に栄養として糖質を摂りすぎ。

 

これは断言できる多くの人が
糖質は摂りすぎ。

 

なので1日3食全部主食あり、みたいな生活してたら、全体的に食事から糖質量はなるたけ減らした方がいいよーと思ってます。

それでは本日は以上です!

ケト中にオススメのコーヒー