痩せたい人にダイエットの成功を届ける

ケト否定派の謎の主張。

まだまだメディアとかで
「脳の栄養はブドウ糖のみです」
という主張をよく見ます。

マジで謎。

もういろんな研究で
脳はエネルギー

なのでケトジェニックは
全然、脳の働きを妨げるとかは
ないんですよ。

「脳への影響大丈夫かな…」とか
心配される方、大丈夫よ。

ケトジェニックでも
脳へのエネルギーは供給されるよ。

ちなみにケトン体は
脳の需要の75%を補える。

残りの必要なエネルギーは
糖新生によるグルコースで
補えるのでケトジェニック心配なし。

他にも謎の批判が多い。

まあ主食なしの食生活は慣れないけどね、慣れたら全然平気ですよ。

体脂肪もしっかり減ります(笑)

 

繰り返しになりますけど、脳の栄養にはケトン体もなります。だから糖質制限しても脳への悪影響はないと考えています。

 

ケトジェニックになると、体が酸性に傾くので危険という主張ですが、これは糖尿病患者のケトアシドーシスと混同されてる。

ケトジェニックはそもそも「小児生てんかんの治療食事法」子供への食生活が危険ははずがない。

 

最近アスリートでケトな人増えてきたで、有名なとこで言うとサッカーの日本代表の長友選手ですね。

 

参照元